透明な歯列矯正『インビザライン』

透明な歯列矯正『インビザライン』

遅ればせながら明けましておめでとうございます。院長の河合です。

本年は、より良い歯科医療の提供に努めるだけでなく、患者さんとのコミュニケーションを大切にしこれまで以上に信頼される歯科医院を目指したいと考えております。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

「歯並びを矯正治療で治したいけどワイヤーやブラケットによる見た目の悪さや痛みが心配」という方けっこういらっしゃるのではないでしょうか?今回のデンタル通信は透明で取り外しのできるマウスピースを用いた歯列矯正システム『インビザライン』についてお話してみたいと思います。

650d9b02

 

 

 

 

 

 

 

 

インビザラインは薄い透明なマウスピースを付け替えて少しづつ歯を動かしていく矯正治療で、おそらく誰も治療をしていることに気づきません。1999年にアメリカで提供を開始して以来、日本はもちろん世界中で広く普及している治療法です。近年ではさらに改良が進み、適応症例も拡大し精度も向上しております。

≪メリット≫

  1. 透明で目立たない
  2. 取り外しが可能
  3. 痛みや違和感が少ない
  4. 通院回数が少ない
  5. むし歯のリスクが低い
  6. 信頼性が高い

≪デメリット≫

  1. 装着時間を守らないと歯が動かない
  2. 適応できないケースがある

などが特徴として挙げられます。ここまで聞いて皆さんの一番の心配はマウスピースでもワイヤー矯正と変わりなくきちんと歯は動くの?ということではないでしょうか。実際の治療例を見ながらお話していきます。(患者さんの許可を得て掲載)

1、初診時の状態です。前歯の歯並びを治したいとの主訴でした。特に下の前歯が重なってしまっているのと奥歯も内側に倒れ込んで咬み合わせが悪くなっているところなどがあります。

IMG_5912IMG_5884

IMG_5886IMG_5909

2、歯の型を採ってデータを取り込み、PC上で治療期間や抜歯の必要性、どの歯をどの程度動かすか、装置の設定などの治療計画を立案します。

kawaguchi12kawaguchi13

3、最終的な歯並びの仕上がりを患者さんと相談します。完成したデータからCAD/CAMにてマウスピースを作成します。今回は歯列弓を拡大することで抜歯を行わずに歯を並べることが可能でした。

kawaguchi8

 

 

 

 

 

 

kawaguchi11

 

 

 

 

 

 

 

kawaguchi10

 

 

 

 

 

 

 

 

4、マウスピースを装着して治療開始です。マウスピースは1日20時間以上装着し、10日毎に新しいものへと交換していきます。写真は半分程度治療が進んだ時の状態です。

歯の外側に何ヵ所かアタッチメントと呼ばれる白い小さな突起が接着してあります。アタッチメントを設定することで歯により効果的に力を加えることが可能です。すぐに慣れてきますが最初はちょっといずいようです。

プレゼンテーションaaa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6825IMG_6829

 

5、矯正治療終了時の写真です。前歯の歯並びも綺麗になりましたが、奥歯の咬み合わせもしっかり咬むように改善させていただきました。こちらの患者さんは約1年半で治療が終了となりました。

IMG_8862

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8868

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8873

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにマウスピースでもほとんどの症例で通常の矯正治療と変わらずきれいに歯並びを改善することが可能です。当院の患者さんで、大人になってから歯並びを改善したいという方の半分以上はインビザラインを選択されている状況です。やはり見えないというメリットは大きいですよね。

最後に費用ですが当院では、通常のワイヤー矯正550,000円、インビザライン750,000円で行っております。詳しくお聞きになりたい方はお気軽にご相談ください。

invisalign_torihazuseru

 

 

 

 

 

 

新年を迎えてから、歯科医師会などの新年会に出席する機会がありました。私もいつのまにか歯科医師として中堅世代になり、もはや決して若くはないのだなぁ今まで以上に日々を大切に生きなくてはと思わされた年明けでした。

IMG_3570

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様も今年一年ご健勝にて良い一年をお過ごしください。


関連キーワード: Tags: ,
前のページへ戻る

カテゴリー



最近の記事